column

(想像の)ホテルアルバートとスリープノーモア比較

ベンベヌーティ!ディズニー懐古厨、yuka(@yukatyyyyy)です。
今日は、行ってないけど、なんとなく知り得たホテルアルバートの情報を元に、
スリープノーモアと比較してみます。

ホテルアルバートとスリープノーモアを比較


ホテルアルバートは、
「ニューヨークで話題の完全没入型ホラー体験」を
パークのオリジナル演出にした作品であると紹介されています。
そのニューヨークで話題の作品というのはスリープノーモアのことだろうと思います。
ホラーじゃないけどね!
わたしはニューヨークのスリープノーモアは体験したことがありません。
情報のみ!情報がいっぱいあって頭でっかちになっている。
スリープノーモアは上海でも公演されていて、
そちらは先日行ってきました。
が、ニューヨーク版で聞いていた情報とだいぶ違います。
上海版のネタバレをしてしまうかもしれませんが、
かなり規模が小さいと思われます。
ニューヨークだと100くらい部屋があるって聞いてたし、
全部回れないってことだし、色んな部屋の情報があったけど、
上海は聞いていた部屋がないし、2回行けば地理が把握出来てしまったし、
おそらくニューヨークよりだいぶ小さいんだろうなーって感じ。

なので、ニューヨーク版を体験してないわたしが言うのもアレですし
ホテルアルバートを体験してないのに、比較するのもおかしな話なんですが、
空想の物語くらいの感覚で、面白半分で読んでみてください。←
尚、ここから先は「です、ます」調じゃなくなってます~あしからず(^^;

Sponsored Link



結論から申し上げるとだいぶ違う


わたしが想像するホテルアルバートはこんな感じ。
(ウェブにあったネタバレも読んでる)

【ホテルアルバート】
1、ピエロに案内される→番号が書かれたトランプを渡される→そのトランプにより行く部屋や体験が異なる
体験することはランダムに変わる、人により違うが、内容・段取りは決まっている。
受動的に巻き込まれる演出で、最低限の物語がわかるようになっている。

2、出演者の会話を聞く、出演者と会話する、出演者に誘導され逃げたり隠れたりする

3、最後にラウンジで合流して、お互いの体験を話す

それに対して、スリープノーモアはこんな感じ

【スリープノーモア】
1、エレベーターでランダムに降ろされ、最初から最後まで全部自由行動。
完全に能動的で、自分から行動しないと何もわからない。
方法は、役者を探して付いて回ること。
役者に出会わなければ何もわからず終わる。
人によっては、疲れたから部屋の椅子に座って、何も見ずに終わるかもしれない。

2、出演者は一切喋らない。身体表現のみ。観客も喋ってはいけない。なんなら、基本的に出演者から観客が見えていない。
中には観客を認識できる出演者もいて、選ばれた1名や若干名が誘導や指示されることがある。

3、公演前にラウンジでお酒を飲むことができる。公演中もいつでもラウンジに戻ってこれる。
公演中も、休憩したり飲んだり出来る。逆に、公演終了後は、強制的に客だしが行われるので、ラウンジでゆっくり出来ない。

ざっくり言うとこんな感じである。
もちろん、ホテルアルバート製作者はこの違いをわかっている上で作っていて、
日本人向けにもしているかもしれない。
わたしは、単純に比較して整理したかっただけである。
比較して、何がどうってわけではない。
ホテルアルバートを知って、スリープノーモアに興味を持った人もいるかもしれないから、
そういった方へ向けての内容になるかな。

比較して思ったのが、アルバートは受身でもある程度楽しめるということで良心的・親切。
スリープノーモアは、不親切かもしれないが、その楽しませ方が、中毒性をもたらすというか、
より没入感を醸し出しているかもしれない。
どちらもメリットデメリットがあるって感じ。
アルバートに自由行動時間があるかは存じ上げないが、
ちなみに言うと、DAZZLEのTouch the Darkは前半、出演者によって誘われるツアー形式、後半は観客の完全自由行動という、美味しいとこ取りの演出であった。

わたしが某所で企画したイマーシブシアター風のショーでも、出演者が少ない為、終始ツアー形式となってしまった。
スリープノーモアのような自由行動型に憧れるが、各所で同時多発出来るほどの出演者が居なかったり、稽古が追いつかなかったり、同時多発分の裏方作業やスタッフが必要だったり、様々な問題が出てくるため、自由行動型のハードルの高さを思い知った。

Sponsored Link



ツアー型の「アトラクション」と自由行動型の「テーマパーク」


未体験だが、ホテルアルバートはツアー型ではないかと思う。
スリープノーモアは自由行動型とする。

ツアー型はひとつのアトラクションのようなものだ。
レールの決まったアトラクション。
例えば、ディズニーランドのカリブの海賊というアトラクション。
ボートタイプの乗り物に乗り、1つの水路を進みながら、
その航路で様々なシーンを鑑賞する。
それは決められた順番の、決められたシーンである。

自由行動型はテーマパークのようなものではないだろうか。
例えば、ディズニーランドというテーマパーク。
チケットを買って入り口に入る。
進みたい道はお客様が自由に決めていい。
まず、ミッキーに会いたかったらトゥーンタウンのミッキーの家へ向かう。
ビッグサンダーマウンテンに乗りたかったらウェスタンランド方面へ。
その、向かってる途中で、予期していなかったキャラクターに出会ったり(キャラクターグリーティング)
シンガーやダンサーのパフォーマンスに出会ったり(アトモスフィア)するかもしれない。
ショーやパレードでお目当ての場所があれば、何時間も前からそこに座っているかもしれない。
そして、カリブの海賊に入れば、上記で説明したような体験を楽しむことができる。

わたしが以前、記事で述べた「ディズニーランドやディズニーシーは365日、気軽に楽しめるイマーシブシアターである」という意見はこのような見解からである。

わたしがイマーシブシアターという言葉を知ったのもここ1年程のことであるが、スリープノーモアのような完全な自由行動型のイマーシブシアターと出会った事がない。めっちゃ難しいのかもしれない。
時系列とかそーゆー問題になってくる。
おはなし・ストーリー、って順番が当たり前にあるから、そこを無視した「自由行動型」はどーやって、観客にストーリーを伝えられるかが問題で、尚且つ、セリフが無いってなると…

だからぶっちゃけスリープノーモアもわけわかんないんだけど!
なんであんなにハマってる人が居るんだろう、というと、圧倒的な世界観だとか臨場感とか、素晴らしいダンスや身体表現に感動しているのかもしれない。ストーリーの優先順位が違うのかも。
逆に、演劇要素を強くさせたいなら、自由行動型は無理なのかも。どうしてもツアー型にせざるを得ないのかもしれない。
やり方で何とでも出来るのがイマーシブシアターだけれど…

そういう意味では、間もなく始まるDAZZLEのワンピースタワー公演はどうなるのだろう!?
完全自由行動?ツアー型?そういった部分でも楽しみである。
ホテルアルバートとスリープノーモアの比較だったのに最後はワンピースタワーに持っていかれた。
Sponsored Link



関連記事

  1. column

    ガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」イマーシブシアター論

    あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。…

  2. column

    inSPYre BMアジトツアー

    大好きなブログの更新が止まってしまって悲しいです。ガラガラだった上…

  3. column

    【ホテルアルバートに関する謝罪】イマーシブシアターが広まった今、思うこと

    ハウディーこんにちわ。ホラー無理なイマーシブシアターファン、超びびりの…

  4. column

    英語がわからない人が楽しめるイマーシブシアターってスリープノーモアだけなんじゃないか疑惑

    表題の通りなのですが。笑イマーシブシアター、インタラクティブシアタ…

  5. column

    本場を1度も見たことの無い私がイマーシブシアターにハマる理由

    今回はコラム的な感じでイマーシブシアターを語っていきます。…

  1. immersivetheater

    speakeasy dollhouse
  2. immersivetheater

    ヘカテアイランドへ行って来ました!
  3. immersivetheater

    TouchtheDarkを彷彿とさせる2005年病院が舞台のイマーシブシアター
  4. immersivetheater

    Sleep no more in 2019 NYC オフ開催!then she …
  5. entertainment

    豊洲のチームラボに行ってきました チームラボプラネッツTOKYO
PAGE TOP