life

現在のアメリカのspeakeasy

前回の記事、speakeasy dollhouseから「speakeasy」という文化に大変興味を持った私は、
それも調べたのでまとめていきます。
調べたってゆーか、ぐぐっただけ~

Sponsored Link




speakeasy dollhouseの日本語レポートにも書かれている通り、アメリカの禁酒法時代に出来た隠れ酒場です。
禁酒法時代のこと、スピークイージーの歴史に関しては検索していただければ色々と出てきますが、
現在のアメリカにもアトラクションのような感覚のspeakeasyなバーがあります。
そして、観光客向けにspeakeasyを巡るツアーなんていうのもやっています。

speakeasyなので、表向きに場所を公開はしていないので「知る人ぞ知る」って感じだったり
入店にはなにか条件が必要だったりするようで、本来であれば、宜しくないのかも知れませんが
今では有名なspeakeasyがいくつもあるようです。
もちろん、知る人ぞ知るspeakeasyも存在しているでしょうけど…。

そんなspeakeasy界で有名なお店のひとつ「PDT」(please don’t tell :教えないでください)というお店。
言うなよ?言うなよ?絶対誰にも言うなよ?と言われると、言いたくなってしまう心理を利用しているのでしょうか。
実際にPDTに行かれた日本人のレポ。場所や入店の仕方などが書いてあります。
Sponsored Link



その1

その2

他にも色んなスピークイージーが紹介されています。コチラ
ホットドック屋、カフェ、質屋、バスタブ、薬局、トイレの中など…
実はバーだった。
いや、日本ウケいいでしょ、絶対。
なんならバーじゃなくてもいいし。speakeasyじゃなくなるけどね!
謎解きや脱出ゲーム大ブームの今、隠れ居酒屋はウケるでしょう。
日本のspeakeasyをご存知の方がいましたらぜひ教えてくださいね。

スピークイージーっていう名前の飲食店はあったんですけど、
それ名前が「スピークイージー」ってだけで
スピークイージーじゃありませんものね…。
そーゆーことじゃないと思うのです。
まず、表向きになにか別の店をやってたり、もしくは全く店っぽくせず見逃してしまいそうな外装じゃないと♪

speakeasyではないけれど
ディズニーにも、シーのレストラン「マゼランズ」の隠し部屋や
限られた人しか入れない「クラブ33」など、
そういう要素って特別感があってワクワクしますね。
(どうしても例えがディズニーになってしまう。)

調べると様々なスタイルのスピークイージーが出てきます。
英語が得意になったらいつか行ってみたい♪
以上、アメリカのspeakeasyのまとめでした。

実は今、speakeasyを題材にしたイマーシブシアターを企画しています。
The bloody beginningのレポを参考にして作りました。
既に企画書・台本など作成済みで、
参加者(出演者・スタッフ・お客様)が集まり次第、公演したいと考えています。
「speakeasy Enchanted」という作品です。
お話・企画の詳細を説明しておりますので、
ぜひご意見・感想を送っていただきたいです♪
お気軽にご連絡くださいませ。

Sponsored Link



関連記事

  1. life

    イギリス旅行2018.4 湖水地方からミュージカル、イマーシブシアターまで1

    旅行前にしたこと(航空券・ホテル・鉄道チケット・ミュージカルチケット・…

  2. life

    【上海旅行】Sleep No Moreからのディズニー!3日目

    楽しい二日間を過ごして帰国日です。この日の朝食ではスイカが出てたー…

  3. life

    ハウステンボスの結婚式

    友人のハウステンボスで行われる結婚式にご招待いただいたので行ってきまし…

  1. immersivetheater

    上海公演も!Alice’s Adventures Undergrou…
  2. entertainment

    六本木でTVと映画の世界に浸る!TV観覧とCOYOTE UGLY SALOON
  3. disney

    ディセンダントは東京ディズニーリゾートにやって来るか
  4. entertainment

    オルタナティブシアターALATAと明治座SAKURA とハンガーステージとFAN…
  5. immersivetheater

    イギリスのイマーシブ的劇団 LesEnfantsTerribles
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。