immersivetheater

JUNCTION「スパイスアップ・ナイトパレード」

スパイスアップ・ナイトパレード 公式ホームページ

公演日時:2017年4月29日(土)~5月7日(日)
場所:渋谷 ドクタージーカンズ(東京都渋谷区円山町2-4)
脚本・演出 佐川秀人

Sponsored Link




 

こちらもイマーシブシアターという単語は使ってませんが、
観客が仮面を付けて移動し、様々な部屋で始まる芝居を楽しみます。

オープニングにダンスがあったものの、ほぼほぼ芝居。
公演時間は1時間程度。(観客はずっと立ち見状態)

ビルの4~6階で展開され、まず最初は全員同じフロアに集まります。
既に常連チックなお客様がいらっしゃり、
グッズのランダム封入のバッチのトレードなどをしながら盛り上がっておりました。笑
さらに、ポジ取りをされてる方もチラホラ見受けられ、パークか!と思いました。笑
オープニング時のダンスでのお気にをポジってるんですね♪
でも、そんな要素も楽しいんですよね♪

最初に集まったフロアから、物語の途中で移動するかしないか選択を迫られます。
同行者さんとは別行動をしました。
結果、最後まで同じシーンを見るということはほとんど無かったようです。

もうネタバレしちゃっていいかな?
出演者と一緒にエレベーターに乗って、
みんなで外に逃げるっていうシーンを体験することが出来まして。
それはテンション上がった!
たまたま体験できたんだけど。
上の階からエレベーター乗って1階まで降りたら
1階で待ってた出演者に襲われて、
ダメだ進めない、戻ろう。みたいな。笑
強引に戻るという。
それは、観客の中でもほんの1部の人しか体験出来なかったことだと思うので
ラッキーでした。
これもスリープノーモア原案??

ただ、役者と絡む要素はこのエレベーターのシーンぐらいしか無くて、
あとは観客がシーンごとに移動するも「演者と観客」という構図は固定されていたように思うので
イマーシブシアターの醍醐味であるような役者と観客、
個人間のコミュニケーションというのはほとんど無かったように思います。
ただ移動してお芝居を見る、という感覚。
それに部屋数が少ないのに、それに見合った定員数ではない為、
ちょっとキャパオーバーだった感じは否めませんが…

Sponsored Link



わたしはストーリー、なんとなくわかりましたが
同行者さんはサッパリだったみたいです。
とにかくセリフが聞こえなかったと。

今回第一弾ということで
いろいろ改善は必要な点も見受けられました。(観客目線)
分岐型企画、今後も続いていくようなのでどんな進化が見られるか楽しみです。

Sponsored Link



関連記事

  1. immersivetheater

    三ランポリン4アター 「狂乱のSingたち」

    WITHYOU主宰「是非に及ばず」個人的には初めての本格的な小劇場での…

  2. column

    inSPYre BMアジトツアー

    大好きなブログの更新が止まってしまって悲しいです。ガラガラだった上…

  3. immersivetheater

    speakeasy OZ 2019まとめ 解説

    日常(主にTwitter)と舞台の連動のような創作コンテンツを目指した…

  4. immersivetheater

    イギリスのイマーシブ的劇団 LesEnfantsTerribles

    Alice's Adventures Undergroundなどの主宰…

  5. immersivetheater

    4月のロンドン旅行に向けて・・・1

    今年こそは海外のイマーシブシアターを体験したい!と思い、計画を立てまし…

  1. immersivetheater

    舞台芸術集団 地下空港 詩的・移動参加型演劇『Were born / ワー・ボー…
  2. column

    企画案を公開!いつか実現できることを夢見て…☆
  3. immersivetheater

    Punchdrunk研究
  4. disney

    ディセンダントは東京ディズニーリゾートにやって来るか
  5. column

    本場を1度も見たことの無い私がイマーシブシアターにハマる理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。