immersivetheater

KAGUYA -織り成す竹取物語-

KAGUYA -織り成す竹取物語- 公式ホームページ

公演期間:2017年8月31日 (木) ~2017年9月3日 (日)
会場:浅草六区ゆめまち劇場
【脚本・作詞・演出】: 渋谷真紀子

Sponsored Link



「巻き込まれ型ミュージカル」とうたっています。
公演内容の説明には
「演出・渋谷真紀子が、ブロードウェイで体験した本場ミュージカル制作と、ニューヨークのイマーシブシアター(没入型演劇)創作のノウハウを、自身のオリジナル作品「現代版・竹取物語」に総結集」
と記載されていました。

わたしは、以前よりイマーシブシアターをぐぐった時に、渋谷真紀子さんの事も知っていたということもあり、どんなものになるんだろう、と楽しみにしていました。

トライアル公演とのことで、トライアル感が伝わってきました。笑
イマーシブシアター(没入型演劇)といっても色々あります。
ただ観客に歩かせればイマーシブシアターになるというわけではないのです。
一箇所の劇場で行われるタイプもあります。

「観客参加型」という言い方でもいいのかな、と思いますが
個人的には「観客も物語の登場人物としての役割がある」ということが没入型演劇だと考えています。
そうなってくると、謎なのがスリープノーモアで。
スリープノーモア自体、「イマーシブシアター」とは言ってませんが、
観客に「アノニマス(見えざる者)」という役割を与えます。
見えざる者なのに、役者から絡まれるというのが「?」なのです。
見えざる者という単語に惑わされている。日本語って難しい。
「名無しさん」って登場人物ってことでいいのかな。
エキストラ、みたいなことかな。笑
それなら納得できる。脱線しました。

ニューヨークにグレートコメットというミュージカルがあります。
(THE GREAT COMET OF 1812)
これもイマーシブシアター、いわゆる観客参加型です。
客席とステージが入り組んだ個性的な劇場。
観客達のすぐ近く、様々な場所でパフォーマンスが行われます。
見たこと無いけどね!多分そんなかんじ。←

このKAGUYAも、グレートコメットの形式に近いのかな、と思います。
ゆめまち劇場というレストランシアターで、
客席全体がステージとなり、様々な場所で歌やダンス
お芝居が繰り広げられます。
時に、観客に何かをさせたり。
ディズニーランドのショーレストランの演出に似ているな、と思いました。出た、ディズニー。笑
観客に特に役割はありませんが、
観客を楽しませるための絡み、間近でのファンサービス、アドリブといった要素の導入。
ネタバレになりますが、選ばれた観客数名がかぐや姫に求婚する役を担っていました。
絡みオッケー席の観客から選ばれます。
絡みオッケー席は通常より値段の高いスペシャルシートとなります。

わたしが見に行った回が、たまたま機材トラブルで開演が2~30分押してしまいました。
レストラン(バー)ということで、主宰側からドリンクのサービスや、
キャストが出てきておつまみのナッツを配ったり、
キャストがひたすら謝り続けたり、
演出の渋谷さんもひたすら謝り続けたり、
お帰りの時間大丈夫でしょうか!?お声かけくださいませ、
と、大変丁寧に誠意ある対応をされていました。
帰り際も、観客に深くお詫びしつつ、ロビーにはたくさんのドリンクを用意して待っていてくださるという、ディズニーもビックリのリカバリー精神。

こういった対応は、ちゃんとお客様に伝わるんだな。
アルコールもあり、
お客さんの機嫌は悪くなることなく、
むしろラッキーくらいに思う方もいたかもしれませんし、
主宰にとっては災難だったかもしれませんが
わたしとしてはトラブル対応の時間も、無駄ではなく楽しく過ごすことができました。
もちろんクレームも多少上がったでしょうけど。

客層が若干お高め(?)な感じがして、
こういった内容にしては珍しく、
お父様世代の方が結構いらっしゃった気がして、
何度もアルコールを購入しに行って
どんどん楽しくなっていく姿が、
こちらも微笑ましかったですし、
アルコールを飲みながらミュージカルを楽しむという
海外っぽい雰囲気も感じられて良かったです。
ゆめまち劇場だけど。笑

これが、普通の小劇場だったらどうでしょう!?
狭くて暗い空間で、何も無く2~30分待たされる。
ストレス以外の何者でもありませんね…考えただけで恐ろしい。

本編に関しては、出演者も劇団四季出身の方など実力のあるキャストばかりですので、
素晴らしい歌やダンスが楽しめました。

トライアル公演ということで、今後の活動も気になります。
今回は「恐る恐る」って感じが伝わってきたので。笑
日本人は、「参加型」好き嫌いが分かれますから…
わたしも演出方法によっては「参加型」苦手ですし。←
たくさんの観客の前で自分ひとりに注目させられるような、
そんな演出は嫌だな~…

渋谷さんの作ったがっつりなイマーシブシアターも見てみたいです。
終演後、ロビーにいらっしゃった渋谷さんに声かけてみたかったけど、
シャイすぎて無理でした。笑

Sponsored Link



関連記事

  1. column

    ガキ使の「笑ってはいけないシリーズ」イマーシブシアター論

    あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。…

  2. immersivetheater

    JUNCTION「スパイスアップ・ナイトパレード」

    スパイスアップ・ナイトパレード 公式ホームページ公演日時:20…

  3. immersivetheater

    三ランポリン4アター 「狂乱のSingたち」

    WITHYOU主宰「是非に及ばず」個人的には初めての本格的な小劇場での…

  4. immersivetheater

    FANTASIAのはイマーシブシアターとは言えない

    イマーシブシアターの企画があるとの事でFANTASIAという音楽フェス…

  5. column

    inSPYre BMアジトツアー

    大好きなブログの更新が止まってしまって悲しいです。ガラガラだった上…

  6. immersivetheater

    【上海旅行】Sleep No Moreからのディズニー!1日目

    小さい頃から海外旅行に行っています。今回15回目くらい、15カ国目…

  1. NYAN

    NYAN カラフル歌合戦
  2. immersivetheater

    SAFARING THE NIGHT / サファリング・ザ・ナイト
  3. travel

    イギリス旅行2018.4 3日目 アトラクション&イマーシブシアター&…
  4. immersivetheater

    TouchtheDarkを彷彿とさせる2005年病院が舞台のイマーシブシアター
  5. column

    本場を1度も見たことの無い私がイマーシブシアターにハマる理由
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。